ピノキオピー『零号』

zero-go_lead.jpg

Buy Music

  • icon_fb
  • icon_fb

人間よ、思考を止めるな

前作『HUMAN』では、ボーカロイド/ソフトーク(ゆっくり)と、自身による歌声で、“機械“と”人間“の融合を表現したピノキオピー。“人間らしさ“や”心の叫び“、そして人間のネガティブな弱さをポジティブに昇華させた歌詞を、“機械“であるボーカロイド/ソフトークによる無機質な歌声と、“人間“であるピノキオピー自身の生身の歌声による掛け合いで表現し、唯一無二の地位を確立させてきた。

今作のピノキオピーは、その“機械“と”人間“の関係値について、警鐘を鳴らしている。昨今の技術革新によって、機械や人工知能が当たり前に入り込んでいる人間生活。多くの仕事が機械にとって変わり、多くの生活が人工知能によって管理されるようになった。

一方その様子は、機械が人間生活を侵食しているともとれる。そして人間は、その利便さ故に機械を自身の生活に受入れ、疑問を持つこともなく、人工知能が提示した情報を信じる。

それは、人間の思考停止、無関心、怠惰であり愚かさなのではないだろうか。人間は、思考をする動物である。自身や他者のことも思いやり、誰かの優しさに寄り添うこともできる。

様々なことに感動する。映画や漫画の世界のような作り話にも感動する。君の笑顔のために生きることもできる。そんな人間の儚い美しさを、“機械“と”人間“が融合したスタイルでピノキオピーは表現している。

収録楽曲は、動画共有サイトへ投稿した人気楽曲を含む12曲入り。公開動画の累計再生回数は1,500万回を超え、ピノキオピーがこれまで発表したアルバム史上、最も人気楽曲を含んだアルバムとなり、さらにそれらの楽曲は、ピノキオピー自身がこれまで公開してきた多数の楽曲の再生回数を上回る勢いとなっている。

さらに、ナナヲアカリへの提供楽曲「おばけのウケねらい」のほか、JR東日本駅構内NewDays/KIOSKにて展開された<ナツキタ2018「北海道フェア」>キャンペーンソング「Mei Mei」、U&R recordsより発売された初音ミク10周年アルバム「Re:Start」書下ろし楽曲「君が生きてなくてよかった」などを収録予定。


Track list

01. ぼくらはみんな意味不明
02. (Rotten) Apple dot com
03. おばけのウケねらい
04. ヨヅリナ
05. I.Q
06. 閻魔さまのいうとおり
07. Mei Mei
08. シックシックシック
09. ビューティフルなフィクション
10. 内臓ありますか
11. ぜろ
12. 君が生きてなくてよかった



© U/M/A/A Inc.
© Crypton Future Media, INC. www.piapro.net
ALL RIGHTS RESERVED.
※VOCALOIDならびにボーカロイドはヤマハ株式会社の登録商標です。

Other Works